販売促進の専門メディア

経営トップ 販促発想の着眼点

店に潜ませた面白小ネタをコアなファンが拡散して集客

アクティブソース

ユニークかつ効果的なプロモーションを展開する企業のトップに、どのような視点で販促を考え、展開しているのかを聞く。

アクティブソース 代表取締役社長 金子源氏
1976年、群馬県新里村(現・桐生市)生まれ。高校卒業後、新聞奨学生として上京したのち、自衛隊に入隊する。25歳で飲食業界へ転職。レインズインターナショナルに入社し、「牛角」の店長を務める。その後、独立を視野に入れて、青果市場や水産商社などのサプライヤーに約5年間勤務。2008年、アクティブソースを設立。

客単価は1300円~1500円 安くても料理はクオリティにこだわる

立ち飲みスタイルの大衆酒場「晩杯屋」の出店スピードが近年加速しており、運営するアクティブソースの売り上げも9期連続で伸びている。「晩杯屋」は2009年、1号店が東京・武蔵小山にオープン。現在は東京都心エリアに38店舗(2017年12月末現在)を展開する。

「晩杯屋」のメニューは煮込み(玉子入り)150円、おでん(5点盛り)180円、アジフライ110円などと、一般の居酒屋や飲食店に比べるとかなり安いのが特徴。「低価格ですが、"安かろうまずかろう"ではなく、ボリュームとクオリティにはこだわっています。「晩杯屋」のポリシーとして、そこはブレることがありません」とアクティブソースの金子源社長は話す。

客層は若い人から年配まで幅広いが、平均40歳代~50歳代の男性がメインだ。客単価は1300円~1500円。ひとりやふたりといった少人数での利用が多い。

「仕事を終えた人たちが、家に帰る前にちょっと立ち寄る利用スタイルが多いようです。ひとり暮らしをしている人は、コンビニやスーパーで総菜を買って家で夕飯を食べることも多いでしょうが、『晩杯屋』ならば、お酒とともに安くておいしい料理が食べられます」(金子社長)

「晩杯屋」の営業時間は、店舗によって異なるが、午後3時から夜11時30分までが基本。平日でも日があるうちからお酒を飲みたいというニーズはあり、営業開始とともに客が入り始める。

「店を出すのは、基本的に駅から近い場所です。ただ大通りの路面ではなく、大通りから1本入った、いわゆる"1.5等立地"と呼ばれる物件を選んでいます。ちょっと奥に入った感じの場所に店があったほうが、利用客も夕方早い時間から気兼ねなく飲食が楽しめるのではないかと思います」(金子社長) …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経営トップ 販促発想の着眼点 の記事一覧

店に潜ませた面白小ネタをコアなファンが拡散して集客(この記事です)
社員20人規模で家電ECを運営 年商130億円に迫る勢い
農家が野菜の販売価格を決定 「消費者は高くても購入する」
日本でブランド価値を確立 アジア市場へ大きく波及
インパクトある商品を ネット通販をメインに販売
来店客をがっかりさせなければファンは増やせる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する