販売促進の専門メディア

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP!

「日常をより快適に、アクティブに」既存店とは異なるコンセプトで展開

UNIQLO MOVE 新宿髙島屋

スポーツシーンから日常生活まで、人々のさまざまな動き(MOVE)に着目し、ユニクロの「LifeWear」としての価値を提案している「UNIQLO MOVE(ユニクロムーブ)」。オープンから半年経ったいま、通常の店舗との違いや店舗を起点にした取り組みについて聞いた。

外観の様子。

ユニクロがことし3月、新宿髙島屋の8階に出店した「UNIQLO MOVE」。「日常をより快適に、アクティブに」をテーマにした店舗で、スポーツに適した機能性と日常的に着られるデザイン性を両立した「UNIQLO SPORT」の商品群や、既存のユニクロのカジュアルアイテムなどを常時60点ほどそろえ、これらを組み合わせて提案している。売り場面積は約75坪。店内のあちらこちらに、さまざまなスポーツシーンをイメージできる内装を施した点も特徴的だ。

この店の位置づけや展開意図について、PR担当者は「近年、アスレジャー(アスレチック(運動)とレジャー(余暇)を組み合わせた造語)が、ファッショントレンドとして注目を集め、スポーツがより身近に、人々の生活に溶け込んできています。そのため、アパレルでもスポーツとふだん着の境界が薄れている。そうした背景から、当社では、競技としてのスポーツから日常生活におけるさまざまな体の動きまで、広い意味での動き(MOVE)に焦点を当てました。単に売り上げを高めていくだけでなく、新しいお客さまとの接点となる場や、情報発信の場として生かしていきたい」と話す。

オープンからの成果や反響について、店長の山本健尊氏は、「スポーツエントリー層の方が多く、新規のお客さまとの接点を持つことができています。みなさん目的を持って来店され、通常の店舗と比べても、リピート率が高いです。アンバサダーモデルなどの限定販売商品、先行販売商品などが人気です」と話す ...

あと45%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP! の記事一覧

「日常をより快適に、アクティブに」既存店とは異なるコンセプトで展開(この記事です)
シリーズ累計2500万本を突破 ボタニストが初の旗艦店をオープン
回遊を増やす売り場づくりで購買促進 ロフトが新旗艦店を銀座にオープン
事前オーダーシステムで待ち時間なく提供 GORILLA COFFEEが六本木にオープン
「焼きたて」を土産菓子でも提供 BAKEのバターサンド専門店が東京駅にオープン
リアル店舗拡大で相互送客 楽天市場王者の澤井珈琲が銀座に新店舗をオープン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する