販売促進の専門メディア

REPORT

ネット動画で販売増 「香味ペースト」の仕組み

味の素

味の素のペースト状中華万能調味料「Cook Do 香味ペースト」が、ネット動画を活用したプロモーションで、販売を伸ばしている。同プロモーションに参画する小売業は全体でおよそ40社。こうした枠組みを考案した電通の渡部さおり氏に、企画の背景を尋ねた。

味の素のペースト状中華万能調味料「Cook Do 香味ペースト」が展開している動画の一例

Wクライアント広告による流通キャンペーンスキーム

味の素のペースト状中華万能調味料「Cook Do 香味ペースト」が、動画共有サイトやソーシャルメディアを活用したレシピ動画で、スーパーやドラッグストアでの販売数を大きく伸ばしている。参画したスーパーA社では、「香味ペースト」の全店鋪での売上高が前年同期比で2.25倍となった。

カギのひとつは、味の素の製品だけを打ち出すのではなく、参画スーパーなどのプライベート・ブランド(自主企画商品、PB)や売り出したい生鮮品を登場させ、販売側の当事者意識を引き出したことだ。

以前から「香味ペースト」を用いた簡単な料理を「秒速メシ」と名づけ、消費者へ訴求してきたが、PB商品などを素材にしたメニューをチェーンごとに用意した。結果、参画企業のB社では、特設販売スペースで1カ月以上にわたって商品露出するなど、販売促進の大きな後押しを得た。

動画は、「YouTube」や「Facebook」で配信。味の素がターゲットとする消費者層と、小売り側が狙いたいエリアに限定して流すように設定した。

こうした枠組みを考案したのは、電通の渡部さおり氏(プロモーション・プランニング局コミュニケーション・ディレクター)が率いるチームだ。第一弾の9社に続き、継続も含め第二弾が約20社、第三弾が約10社と、全体でおよそ40社が参加する企画となった。電通はこれを「W(ダブル)クライアント広告による流通キャンペーンスキーム」と名づけ、他業種でも応用しようとしている ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

店舗・ECを統合 進化し続けるロクシタン
松坂屋とパルコが連携 上野に新たな求心力
セブン-イレブン、おでんの再活性化狙う
「プロモーションフォーラム」注目の講演レポート
ネット動画で販売増 「香味ペースト」の仕組み(この記事です)
マス×デジタルで広く深く ポカリの広告クリエイティブ
湖池屋、商品ラインを拡大 高価格帯スナック市場の創造へ
ドレスコードは「オールホワイト」 ソワレ ブランシュ グランドハイアット東京2017
高価格帯の缶詰・瓶詰、北欧デザインで勝負
CM出稿量を前年比2倍に 中食需要追い風に主婦層狙う
「-196℃ストロングゼロ」販促ツールをエリア別に
東京レインボープライド​、参加者は10万人規模​・協賛企業・団体数は180
女性管理職コーディネートに市場の生まれる兆しあり?
米百貨店大手ノードストローム デジタル活用のいま

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する