販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

いかに体験へ誘引させるか これからリアル店舗が考えること

向坂文宏氏(桜美林大学専任講師/ストア・コミュニケーション・プランナー)



ネット通販事業が軌道に乗り始めたころ、「ネット通販によって、リアル店舗は売上を奪われる」「リアル店舗は駆逐される」といったリアル店舗がなくなるような声がよく聞かれた。

しかし今となってみると、アマゾンによる次世代のリアル店舗の開発や小売業大手のホールフーズ・マーケットの買収、楽天による同社のサービスを実際に体験できる「楽天カフェ」の登場など、ネットとリアル、両チャネルの強みを生かして積極的に融合する展開が見られるようになった。最近では百貨店の丸井によるショールーミング専用の売り場の登場など、より積極的な融合が試みられている。

リアル店舗の強みは実商品を確認できることである。そしてネット通販の強みは、いつでもどこでも買い物ができる利便性である。この二つのシナジーを生かした買い物が、近い将来には当たり前になるのであろう。その時、リアル店舗における店頭ツールの役割はどのようになっているだろうか。その一つの答えを、クロックス売り場で見つけた ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

いかに体験へ誘引させるか これからリアル店舗が考えること(この記事です)
過剰に目立たせない 売り場になじむ店頭ツール
「こだわりの一品」を整然と陳列する
「フォトジェニック」な商品の魅力を最大化するという切り口
ギミックで遊ぶ メーカーと買い物客との新しいコミュニケーション
「ジャケ買い」ならぬ「POP買い」物語の世界に触れられるマンガ売り場

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する