販売促進の専門メディア

販売促進の最新手法 ポップアップストア徹底活用!

『良質な口コミ』ねらう パナソニックのポップアップストア戦略

パナソニック ラムダッシュ

パナソニックは、男性向けシェーバー「ラムダッシュ」のポップアップストアを9月7日、表参道にオープンした。1時間1席までの予約枠は当日までにほぼ埋まり、当日枠も合わせて最大32人の想定に対し40人が訪れるなど盛況を博した。

製品の世界観にこだわった空間で、特別な体験を

パナソニックが展開する「Panasonic LAMDASH LOUNGE(パナソニックラムダッシュラウンジ)」は、メンズシェーバー「ラムダッシュ」シリーズの数量限定モデル「ラムダッシュ リミテッドエディション」の体験の場として企画したポップアップストアだ。

「ラムダッシュ リミテッドエディション」は、グリップ部分に天然の木を用た高級感のあるデザインで、シェービングの時間を楽しむ嗜好品をイメージした製品。ことし9月に発売した。チーク、ローズウッド、マホガニー、バールウッド、ウォールナットという質感や色味の異なる5種類から選べ、一台一台刻印したシリアルナンバーや、天然木材ならではの二つとない木目が、自分だけのシェーバーという満足感を醸成する。

「市場想定価格は8万円。ただ、このラグジュアリーな世界観はこういった価格設定や平面広告、テレビCMだけでは伝えきれません。また、シェーバーの良さは実際に使ってもらわなければわかりませんが、店頭では衛生面の問題などもあり、なかなか試すことができません。そこで、内装やおもてなしにもこだわった特別な場所で、特別な体験をしてもらおうと考えました」と、パナソニックの陣内克博氏(スモールアプライアンス商品部)は話す。

これまで3年間、5都市でのプロモーション活動として街頭での体験イベントを行ってきたが、上質な体験はもちろんだが、主に体験人数を増やすことを重視してきた。そのため今回の「リミテッドエディション」のプロモーションではよりていねいに接客しようと、体験時間を1人40分に設定。東京・表参道にあるポップアップスペース「Zero Base」の1階と2階を体験スペースとして使用した。

体験客は1階でアテンダントのアドバイスを受けながらシェーバーの試用体験を行ったあと、2階のラウンジでサービスのお酒を飲みながらくつろげる ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販売促進の最新手法 ポップアップストア徹底活用! の記事一覧

「時間消費型施設」の渋谷モディ 映像コンテンツと連動したリアルイベントも可能
ポップアップストアの外観・内観はPOPの延長
自ら接点を持ち、メッセージを発信 ECシューズブランドのファン獲得戦略
30歳代女性客ねらい、従来イメージを一新「Q'SAI Kale Cafe表参道」
『良質な口コミ』ねらう パナソニックのポップアップストア戦略(この記事です)
売り上げ二桁増目指し、ブランドの世界観を確立

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する