販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

西友、小平市に新規出店 30〜40歳代のファミリー層多いエリア

「西友東大和店」の外観。オープン日はあいにくの雨天だったが、それでも多くの人が行列をつくった。

西友は9月7日、東京都小平市に「西友東大和店」を新規出店した。西武拝島線「東大和市駅」から徒歩3~4分といった立地で、店鋪前には西武バス「都立薬用植物園前」の停留所もある。営業時間は朝7時~夜10時45分で、年中無休。駐車台数は38台と、近くに提携駐車場が28台ある。駐輪台数は69台。のべ床面積は1427平方メートルで、1階がスーパーマーケット、2階は駐車場。取扱品目数や年商目標は非公開。店長は島崎北斗氏。

西友によると、「西友東大和店」の商圏内人口は2万2809世帯、4万9582人。住宅が集まるエリアで、30歳代~40歳代がボリュームゾーン。夫婦や夫婦と子どもからなる世帯も多い。中食需要が高まっているが、同店鋪でも惣菜売り場は充実しており、2つある入口の片方は、

入ってすぐパンや惣菜、弁当、生菓子などの売り場を置いて利便性を高めた。特に夕方ごろのできたて商品の提供に力を注ぐという。ほかに地場野菜の充実や鮮度の強化にも努めた。

付近の主要なスーパーは、「いなげや小平小川橋店」「同・東大和店」、「ヤオコー東大和店」などがある ...

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する