販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

約半数が「エコ」や「オーガニック」などの社会的消費に関連する用語により「買いたいと影響される」

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

調査会社のインテージリサーチは3月に「社会的消費に関する意識調査」を実施した。「エコ」や「オーガニック」といった言葉を見聞きした際に、購買意欲にどれほど影響するかというもの。調査対象は全国20歳~69歳の男女。ここではその調査結果について紹介する。

  • 調査期間:2017年3月30日、31日
  • 調査対象:20歳~69歳の男女
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査会社:インテージリサーチ調べ

DATA1 約半数が「買いたいと影響される」と回答

社会的消費に関する購入意欲の影響

「エコ」や「オーガニック」などの社会的消費(環境・倫理的消費)に関連する用語を見聞きすると、「買いたいと影響される」は45.0%、「特に影響されない」は38.3%、「却って買いたくないと思う」は16.7%だった ...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

約半数が「エコ」や「オーガニック」などの社会的消費に関連する用語により「買いたいと影響される」(この記事です)
デジタルサイネージの広告枠は前年度比121.9% 2020年には2000億円を突破する見込み
個人情報保護について、8割が「意識する」も「個人情報保護法」の改正についての認知は5%
クーポンの利用、約8割が「紙」 
Eコマースのデバイス利用率1位はパソコン 商品購入につながる手段はメルマガが有効か
約3割が電子マネーを使えないことを知り買い物を中止した経験あり

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する