販売促進の専門メディア

REPORT

湖池屋、商品ラインを拡大 高価格帯スナック市場の創造へ

湖池屋

湖池屋がポテトチップスなどスナック菓子のラインナップに高価格帯を投入し、販売単価の低減に歯止めをかけようとしている。10月には150万袋限定で、298円の高級ポテトチップスを発売する予定だ。これまで手ごろな価格の商品が主流だったスナック菓子の価格レンジを広げることで市場活性化を図る。

湖池屋の佐藤章社長。中食・外食需要の高まりにもクロスマーチャンダイジングや販路拡大の機を見出そうとしている

298円の高価格帯を発売 レギュラー品は増量へ

湖池屋は9月から、高価格帯のポテトチップス商品の販売を開始する。まず新商品2種「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩」「同 柚子香るぶどう山椒」を、9月4日にコンビニエンスストア、同月18日にスーパーマーケットなどで発売。いずれも市場実勢は150円前後(税抜)、内容量は60グラム。

また9月11日には、発売55周年を迎えた「湖池屋ポテトチップス」をリニューアルし、ラインナップを刷新する。「ポテトチップス うま塩」、「ポテトチップス サラダ」の2品を発売し、「うす塩」と「コンソメ」の販売は終了する。

リニューアルに伴い、内容量は63グラム~66グラムで、従来より増量した。湖池屋の佐藤章社長は、「全体的にポテトチップスの内容量は減少傾向で、現在は1人あたりの適量が35グラム~40グラムと見ている。しかし、家族や友人と分ける食べ方も多い。低価格化と内容量のバランスで苦しんできたが、やはり食べて満足していただける量に近づけたい。少量ではあるが増やして、お客さまの声を伺いたい」と発表会で話した。

パッケージでは「日本産じゃがいも100%」の文言を目立たせるようにした。消費者の、国産品への信頼度の高さをくみとったデザインだ ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

湖池屋、商品ラインを拡大 高価格帯スナック市場の創造へ(この記事です)
ドレスコードは「オールホワイト」 ソワレ ブランシュ グランドハイアット東京2017
高価格帯の缶詰・瓶詰、北欧デザインで勝負
CM出稿量を前年比2倍に 中食需要追い風に主婦層狙う
「-196℃ストロングゼロ」販促ツールをエリア別に
東京レインボープライド​、参加者は10万人規模​・協賛企業・団体数は180
女性管理職コーディネートに市場の生まれる兆しあり?
米百貨店大手ノードストローム デジタル活用のいま
プレミアムフライデー実態調査 認知率は9割超えも導入率は7%

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する