販売促進の専門メディア

販促NOW パッケージ編

ロングセラーブランドに見る、 デザインリニューアルの進め方

私がお手伝いしているものを含め、パッケージデザインの半分はリニューアルである。発売する前にもかかわらず、半年後のリニューアルデザインを進めるケースもある。リニューアルを成功させることは、パッケージデザインの大きなテーマである。

「FANTA」(日本コカ・コーラ)が1975年に日本で発売されてから7回目となる大幅なリニューアルを実施した。42年のロングセラーブランドであり、平均6年間隔でリニューアルしていることになる。1回目のリニューアルは発売後12年経ってから、その後9年、9年、1年、4年、6年、1年とリニューアルの間隔も短くなってきている。

ロゴデザインは前回に比べ、角ばった印象を受ける。背景の色は前回よりも明るいフルーツ色で、水滴やグラデーション、炭酸の気泡などから、全体が明るく活発で立体感を感じさせるデザインとなった。従来より大切にしてきたグレープとオレンジの液色と背景色、緑の葉はデザイン要素として維持している。発売以来、ロゴは濃い青色のベタだったものが白抜きになったことで、ロゴの視認性が高まると同時に明るく元気な雰囲気が伝わってくる。

さて、リニューアルをするときに大切なことは何だろうか ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW パッケージ編 の記事一覧

ロングセラーブランドに見る、 デザインリニューアルの進め方(この記事です)
オンライン販売パッケージで大切なこと
この春、No.1のパッケージ
「どこからどこまでがパッケージか」をいったん捨ててアイデアを考えてみる
「新しい顔」となるための条件
売る力とパッケージデザイン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する