販売促進の専門メディア

REPORT

女性管理職コーディネートに市場の生まれる兆しあり?

松屋銀座

3回めの「プレミアムフライデー」となった4月28日。東京・銀座の百貨店、松屋銀座では、女性管理職に向けた、ビジネスコーディネートのセミナーとショッピングツアーを開催した。そのもようをレポートする。

ショッピングツアーを楽しむ参加者たち。ボス、ポール・スチュアート、など6ブランドが参加した。化粧品フロアからちょっとしたプレゼントもあった

金曜の夜にファッションセミナーとショッピングツアーを開催

松屋銀座は4月28日、女性管理職向けにビジネススーツスタイルを提案するイベントを開催した。同日は、官民連携でことし2月末に始まった、毎月最終金曜日に仕事を早く切りあげることを積極的に勧める「プレミアムフライデー」。

旗振り役を務める経済産業省は、「プレミアムフライデー」に対し、買い物や家族との外食、観光などといった消費体験のための時間を生み出すことで、生活スタイルの変革や、地域のコミュニティ強化、安売りではない付加価値のある消費を促し、デフレ傾向を変えるといった効果をうたう。

しかし、調査会社マクロミルが、2月末の「プレミアムフライデー」後、実施した調査では、「プレミアムフライデー」の職場導入率は7%だった。

ニュートンの第一法則ではないが、「動いているものは、そのまま動き続ける」ものだ。それを変えるには外からそれなりの力を加えねばならない。近視眼的に、効果がみられない、ではなく、地道な施策が必要となりそうだ。

こうした中、松屋銀座が行った、女性管理職向けのイベントを取材した。定員は30人で、参加費は無料。

イベントは二部構成で、夕方6時からの第一部は、イメージコンサルタントの大森ひとみさんによる管理職向けコーディネートセミナー。何人か遅れて出席した人の姿は見られたものの、ほとんどが時間までに出席した。仕事を早めに切り上げてきたひとが多かったようだ。

会場は、松屋銀座内のレストラン「イプリミギンザ」。軽食を楽しみながら、幹部層に適切な服装のあり方などの講義が行われた ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

東京レインボープライド​、参加者は10万人規模​・協賛企業・団体数は180
女性管理職コーディネートに市場の生まれる兆しあり?(この記事です)
米百貨店大手ノードストローム デジタル活用のいま
プレミアムフライデー実態調査 認知率は9割超えも導入率は7%
築地仲卸三代目主人が語る 築地市場移転問題と水産資源保護
私はなぜ築地問題を図解したか あいまいになるプロ・アマの境界
データサイエンティストを育成する専門学部が大学で続々登場

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する