販売促進の専門メディア

販促NOW パッケージ編

「どこからどこまでがパッケージか」をいったん捨ててアイデアを考えてみる

プラグ 代表取締役 小川 亮

パッケージの役割は、(1)トライアルを実現すること、(2)商品価値を高めること、(3)ブランド資産を蓄積すること、(4)全体のコミュニケーションとの相乗効果、(5)購入後に経験価値が高まるようなしかけ・しくみづくりを行うことの5つが大切である。

しかし、どこからどこまでが商品の中身で、どこからどこまでがパッケージなのかという点については、定義するのが難しい。ポテトチップスやペットボトルのお茶などは中身とパッケージの差がわかりやすいが、口紅やマスカラはどこまでがパッケージなのだろうか。たとえば卵の殻はパッケージだとしても、黄身の立場から見れば、白身はパッケージかもしれない。

ただし、どこまでがパッケージかを定義することがここでの目的ではない。ポイントは「パッケージの境界線をあえて考えないことで、新しいアイデアや商品が生まれてくることはないだろうか」という視点である。今月ご紹介するパッケージは、まさにその可能性を教えてくれる。

四角いクリアケースの中に蛙がリラックスしている姿で座っている。商品名と思われる場所には「コバエ捕獲課 主任 蛙田 捕太郎(かえるだ とったろう)」と書かれている。よく見るとケースの内側の台紙にはオフィスらしきグラフィックが描かれており、営業成績を思わせる「今月のコバエ捕獲数」のグラフも添えられている ...

あと61%

販促NOW パッケージ編 の記事一覧

「どこからどこまでがパッケージか」をいったん捨ててアイデアを考えてみる(この記事です)
「新しい顔」となるための条件
売る力とパッケージデザイン
「新しさ」と「安心感」を両立、新発想のパッケージで市場開拓
男性向けパッケージの原則とは? 性差で効果を発揮するデザイン
2016年秋 パッケージデザインランキング 1位の商品から見えてくるもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する