販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

企画書の説得力・訴求力を高め 著作権リスクを解消

ゲッティ・イメージズ

ネットメディアが写真を無断使用して問題となったケースは記憶に新しい。「内々の資料だから」とプレゼンに用いたことが公になり、プロジェクトが頓挫したケースもある。写真は企画書の説得力や訴求力を高めてくれる強い味方。本題と異なるところでムダなリスクを負わないようにしたい。

    ゲッティ・イメージズのリサーチャーによる、おすすめテーマ

    バイタリティ

    既成概念を壊し、活躍する女性がますます増えてきた。もはや年齢も言い訳にしない。こうしたアクティブな女性は「バイタリティ」で検索



    都市生活

    ソーシャルメディアでのつながりを重視するようになり、場所を超えたボーダーレスな世界が発展。電車にいても意識はそれぞれ別の空間に



    一人称視点

    2017年、さらに注目されそうなバーチャル・リアリティ。プロモーションへの活用も期待がかかる。「一人称視点」で"らしい"写真が

「企画書だからいいか」はもはや通用しない

写真は企画書の強い味方だ。ときに表に出ないからと、ネットで"拾った"画像を使うケースもある。が、著作権問題で一部ネット企業が糾弾されても無関心なままでは、遵法意識を疑われてしまいそうだ。企画自体の質と全く関係のない、無用なリスクと言える。

実際ストックフォト「iStock」運営のゲッティ・イメージズ主催セミナーで最も人気なのが著作権関連という。「たとえば宇宙飛行士の写真。広告利用においては、著作権はもちろん、ヘルメットをかぶっていて顔が認識できなくても、パブリシティ権等の権利を主張されるケースが多いです。アームストロング氏などの日本で有名な飛行士でなくても、注意が必要です」(ゲッティ・イメージズの持家学氏)

「iStock」は投稿者のすそ野が広く、23万人ほどが作品を販売する。写真・イラスト・映像合計4000万点以上を扱う。

企画書やチラシやWebサイトに使われる素材には、"今"の空気が反映されていることが求められる。ゲッティ・イメージズでは専門のチームが素材提供者ネットワークを拡大しながら、良質な素材を増やすため、日夜努力している。

現在のところ、世界中で毎月80万点程度の素材が追加されているが、そのうち約5万点は日本を題材とした素材となっている。

法人向けのプログラムが他社と比べるときめ細かいのも特長だ。1カ月10点までで4000円、100点で1万5000円、250点で2万1000円(1枚あたり84円)となる。

写真に瑕疵があると、本題の見映えも損ねてしまうおそれすらある。著作権を守りつつ、うまく活用したいものだ。

    無料DLプレゼント!

    第9回「販促コンペ」応募者の方限定で、iStockのキャンペーンコードをご案内しています。企画書に使える画像素材を、最大10点まで無料でご利用いただけます。

    くわしくは「第9回販促コンペ」公式サイトをご覧ください

    https://spc.sendenkaigi.com/

Pick Up!(PR) の記事一覧

ロングセラーの再活性図る 店頭企画が今秋スタート
企画書の説得力・訴求力を高め 著作権リスクを解消(この記事です)
消費者の購買行動のカギとなる『0秒』コミュニケーション
JTBトラベルギフトの活用、大和ハウス工業が見込客獲得に
ブランドへの関与を強く太く 動画のマーケティング活用
200以上のテンプレートで、思い通りのWebサイトをデザイン
憧れのキャラとLINEできる チャット体験をノベルティに
資生堂「マジョリカ マジョルカ」サイネージ企画の舞台裏
商品の便利さ、利点を感じさせる工夫 DM成功の要は「さわれるベネフィット」
電子POPで店頭販促を強化 具体的な使用体験を訴求する「POPmate」
“公園来園者にダイレクトに接触できる” プロモーションに最適なスペースが誕生
社内外の調査で好評価 企業広告のデジタルサイネージ活用
「購買起点でリレーションを築け」販促とスマホ ツートップ会談
訪日客にイラストを交えて対応  ドコモの「てがき翻訳」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する