販売促進の専門メディア

Pick Up!(PR)

消費者の購買行動のカギとなる『0秒』コミュニケーション

トッパン・フォームズ株式会社

トッパンフォームズは3月6日~10日にかけ、「DM week 2017」を開催した。5回めとなる今年のコンセプトは「0秒コミュニケーション」だ。7日には、顧客の直感に働きかけ、心を動かすコミュニケーション事例についてセミナーを実施。会期中はショールーム「CONNECT GATE」で展示も実施した。

トッパンフォームズ企画本部の宇井剛史氏。

セミナー会場の様子。4日間で計450人が来場した。

いかにして直感に働きかけるか

悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい─。セミナー第1部前半では、「無意識にその気にさせるメカニズム」をテーマに、消費者の消費行動やインサイトについて早稲田大学理工学術院・渡邊克巳教授が講演した。

消費者の購買行動について渡邊氏は、「人間は意識している・していないにかかわらず、感じたことが行動につながります。そのため消費者の直感(脳)に働きかけることが重要」と指摘した。

同部後半に登壇したのは、トッパンフォームズ企画本部の宇井剛史氏だ。「今回のテーマである『0秒コミュニケーション』のキーワードは、瞬間・直感・自分ごと化の3つです。直感的に『興味が ある』と1秒程度で思ってもらうことが肝要です。自分で意識していることと、脳が感じていることは同一とは限らないため、感性を測定してコミュニケーションの精度を高めることが重要だと考えています」(宇井氏)。

来店の前後も分析

第2部では、人工知能(AI)事業を手がけるABEJA(アベジャ)でSaaS ソリューション事業部の責任者を務める一ノ宮佑貴氏が登壇した。

AIは実店舗の分析にも期待が寄せられる。従来のPOSデータでは販売数、つまり、わかるのは「結果」のみ。各店舗の良し悪しは売り上げのみで判断するほかなかった。しかし、「AIでもとりわけディープラーニング(深層学習)の手法を用いることで、店舗の前を通る人数や、そのうち入店した人数、店内で最も見られている棚や商品なども割り出せます」と一ノ宮氏は話す。

さらに、入店の前後や店内での動線を分析すれば、改善点を明確にできるという。「ある自動車販売のディーラーでは車両展示のレイアウトを1週間ごとに変更しました。各レイアウトの来店客の動きや反応を分析し、車両の最適な見せ方を割り出した結果、そのディーラーでは実際に販売台数が数%伸びました」

最後に一ノ宮氏は、「積極的にAIを活用して課題解決を進めていくべきですが、『AIならなんとかしてくれる』というスタンスではなく、まずは自分たちの課題を明確にすることと、運用する体制を築くことが重要」と締めくくった。

第2部に登壇したABEJAの一ノ宮佑貴氏。

    お問い合わせ

    トッパン・フォームズ株式会社
    www.toppan-f.co.jp
    〒105-8311 東京都港区東新橋1-7-3
    TEL.03-6253-5715

Pick Up!(PR) の記事一覧

ロングセラーの再活性図る 店頭企画が今秋スタート
企画書の説得力・訴求力を高め 著作権リスクを解消
消費者の購買行動のカギとなる『0秒』コミュニケーション(この記事です)
JTBトラベルギフトの活用、大和ハウス工業が見込客獲得に
ブランドへの関与を強く太く 動画のマーケティング活用
200以上のテンプレートで、思い通りのWebサイトをデザイン
憧れのキャラとLINEできる チャット体験をノベルティに
資生堂「マジョリカ マジョルカ」サイネージ企画の舞台裏
商品の便利さ、利点を感じさせる工夫 DM成功の要は「さわれるベネフィット」
電子POPで店頭販促を強化 具体的な使用体験を訴求する「POPmate」
“公園来園者にダイレクトに接触できる” プロモーションに最適なスペースが誕生
社内外の調査で好評価 企業広告のデジタルサイネージ活用
「購買起点でリレーションを築け」販促とスマホ ツートップ会談
訪日客にイラストを交えて対応  ドコモの「てがき翻訳」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する