販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

約3割が電子マネーを使えないことを知り買い物を中止した経験あり

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

2月に日本銀行が発表した決済動向調査によれば、2016年の電子マネーの決済金額は前年比10.8%増で5兆1436億円となった。決済手段の95%は「現金」(マクロミル調べ)といわれている中で、電子マネーはどのように利用されているのか、その実態を探った。

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査時期:2017年3月13日~15日
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:20歳~69歳の男女(マクロミル提携モニタ)
    マクロミル調べ調べ

DATA1 電子マネーを使用する理由1位は「ポイントが貯まるから」

普段の買い物で、「電子マネーを使っている」という回答は60.9%(1000人中)だった …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

約3割が電子マネーを使えないことを知り買い物を中止した経験あり(この記事です)
商品受取専用ロッカーの認知率は56.3%も 利用したことがあるのは7.5%
保護者の約2割が大学までの総教育費用は 「1000万円以上必要」と回答
1カ月あたりの決済手段別比率は、依然「現金」が51.4%と半数以上
『かご落ち』をふせぐにはユーザーへのリマインドが 効果的? ECサイトの「カートの意外な役割」とは
約6割が意味は知らないと回答 ファストファッションの認知度調査

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する