販売促進の専門メディア

REPORT

プレミアムフライデー実態調査 認知率は9割超えも導入率は7%

2月24日にスタートしたプレミアムフライデー。官民が連携してスタートした消費喚起キャンペーン初回の実態を探った。

プレミアムフライデーについて「内容まで知っている」と回答したのは6割。聞いたことがあるのは32.2%となった。

プレミアムフライデーは、政府や経済界が進める「働き方改革」の一環で「月末金曜日は15時に退社して個人消費を促す」ことを目的として実施されているキャンペーンだ。

調査会社マクロミルがプレミアムフライデー導入企業等に勤め、早帰りの対象だった社会人400人に行った調査によれば、プレミアムフライデーの認知率は92%に上ったが、職場での導入率は7%にとどまった。

導入率はまだ低いものの …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

プレミアムフライデー実態調査 認知率は9割超えも導入率は7%(この記事です)
築地仲卸三代目主人が語る 築地市場移転問題と水産資源保護
私はなぜ築地問題を図解したか あいまいになるプロ・アマの境界
データサイエンティストを育成する専門学部が大学で続々登場

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する