販売促進の専門メディア

販促NOW パッケージ編

「新しい顔」となるための条件

湖池屋「KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩」

「KOIKEYA PRIDE POTATO」が売れている。3アイテムのうち、2アイテムは数量が足らずに販売休止となっている。店頭での露出も多く、従来は見られなかったような商品のコンセプト、伝統を伝えるPOPもしっかりと配置されている店が多い。

パッケージは従来のポテトチップスカテゴリーからすると、かなり斬新で目を引くパッケージである。ポテトチップスのパッケージは扇形にポテトチップスという文字が黄色やオレンジなど明るい色で配置され、いかにも元気でカーニバルのような明るさをイメージさせるものが多い。シズル写真が大きく真ん中に配置され、季節の味種や雰囲気がイラストなどで鮮やかに施されている。いわゆる万人にイメージされやすいポテトチップスのデザインである。

それに対し、このパッケージは質感のある白色に左右対称に、上品にロゴやシズルカットが配置されている。白場(ホワイトスペース)も十分にとられていて、ゆっくりとした質感を感じるとともに、ロゴを支えるように左右から出てくる緑の波が、ちょっとした動きをつけ、おいしさを醸し出している。

さて、こういった"新しい"パッケージが成功するための要件は何だろうか。1つ目はカテゴリー特性にある。「お気に入りのブランドはあるけれど新しいものが出たら、まず試してみる」というカテゴリーでは新しい挑戦がしやすい。たとえば …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW パッケージ編 の記事一覧

「新しい顔」となるための条件(この記事です)
売る力とパッケージデザイン
「新しさ」と「安心感」を両立、新発想のパッケージで市場開拓
男性向けパッケージの原則とは? 性差で効果を発揮するデザイン
2016年秋 パッケージデザインランキング 1位の商品から見えてくるもの
旬のデザイン情報は どんな場でわかるのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する