販売促進の専門メディア

キーパーソンの着眼点

このフレーズは… 企画で登場するとガッカリする言葉

日々、多くの企画提案を受ける、マーケティング・プロモーションのキーパーソンたち。「企画書でこんなフレーズが出てくると、ちょっとガッカリしてしまう」言葉について尋ねてみた。

ふだん使うのはスマホだから

20歳代に向けたサイトを制作する際、パソコン向けのデザインや構成案から提案してくるとガックリきます
(コーセー/小林祐樹氏)


枠を売りたいだけの企画はNG

メディアありき、媒体オリエンテッドな提案
(味の素ゼネラルフーヅ/三宮智昭氏)


乾杯 団らん

(アサヒビール/鳥沢杏子氏)


面白さ<商品の訴求ポイント

「ショップジャパン」のクリエイティブは、「ワンダーコア」などでイメージいただく通り、「面白さ」があると認知いただいておりますし、重要なポイントのひとつだと考えてはいますが、面白さのみを追求しすぎるがゆえに …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

キーパーソンの着眼点の記事一覧

キーパーソンの着眼点の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する