販売促進の専門メディア

「買う」5秒前2

さりげなく商品に導くポイント

草場 滋

よもやの「応仁の乱」ブーム。歴女たちはマイルドな味付けよりも本物を好む。後は出会いの道筋をつけてあげればいい。

イラスト:高田真弓

京都の人が「こないだの戦争」と言ったら、それは応仁の乱のことを指す――。

これ、京都にまつわる都市伝説としてしばしば耳にするが、近ごろ1冊の本が版元も驚く異例の売れ行きを見せている。中公新書の「応仁の乱」である。

昨年10月の発売以来、版を重ね、この3月で30万部を超えそうな勢いだとか。純粋に歴史を扱った新書で、この売れ方は珍しい。しかも、題材は人気の「戦国」や「幕末」ではなく、よもやの「応仁の乱」。読者層は女性が目立つという。

そう聞くと、女性向けに分かりやすく …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

買う5秒前の記事一覧

買う5秒前の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する