販売促進の専門メディア

販促NOW パッケージ編

売る力とパッケージデザイン

清水 潔 著 『殺人犯はそこにいる』新潮文庫

以前、あるストアのプライベートブランドのお手伝いをした。何店舗かのお店をまわった時に、何店か飛びぬけてその商品の売り上げの高いお店があった。店長に「売れている」理由を聞くと「売れるんじゃなくて、売るんですよ」と言われたことがある。

普段商品づくりのお手伝いをしていると、顧客のニーズやインサイトに寄り添い、働きかけることによって、売れる商品を作ることに集中しがちだが、実際には店頭でプロの"売る力"がどれだけ大きいかを実感させられた。

「文庫本X」と呼ばれるこの本は、盛岡の書店スタッフが作った手書きのカバーがきっかけとなり、全国に広がったノンフィクション文庫である。当初は、フィルムカバーが施されており、まったく中身をみることができず …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW パッケージ編 の記事一覧

売る力とパッケージデザイン(この記事です)
「新しさ」と「安心感」を両立、新発想のパッケージで市場開拓
男性向けパッケージの原則とは? 性差で効果を発揮するデザイン
2016年秋 パッケージデザインランキング 1位の商品から見えてくるもの
旬のデザイン情報は どんな場でわかるのか
顧客満足度に影響大? 機能する「裏面」の作り方

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する