販売促進の専門メディア

集客力の強化 実店舗の訴求力を高めて顧客拡大

ワンオク2年ぶりの新アルバムで初週23万枚 参加者を“メディア”にする店頭イベントの秘訣とは

ONE OK ROCK(ワンオクロック)

4人組ロックバンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」が2年ぶりにリリースしたニューアルバム「Ambitions」が、発売初週(1月9日~1月15日)で自己最高の23万枚を販売。オリコンアルバムランキングで1位となった。その背景には、あえて体験人数を絞った店頭イベントによる仕掛けがあった。

2日間限定で開催された「着る試聴会」は342人が体験した。

2日間限定で開催された「着る試聴会」は342人が体験した。

音楽を“全身”で体感するイベントを開催

人気ロックバンド「ONE OK ROCK」(ワンオクロック、通称=ワンオク)が、2年ぶりの新アルバムの発売に合わせ、音楽CDなどを販売する「タワーレコード渋谷店」で1月10日、11日に実施した店頭イベント「着る試聴会」が反響を呼んだ。

イベントの要は音楽を全身で体感できるジャケット「WEARABLE ONE OK ROCK」。16チャンネル、20のスピーカーを各所に内蔵したジャケットで、新アルバム「Ambitions」収録の「We are」から、ギターソロやコーラス、ベース、ドラムといった各パートの音が流れ、全身を震わせる。筑波大学助教授でメディアアーティストの落合陽一氏が開発した。ジャケットのデザインは、ワンオクのスタイリストを務める丸本達彦氏が手がけた。

タワレコ渋谷店で体験した人数は開催2日間で324人。1月17日時点で同イベントを取り上げたメディアの数は67媒体に上った。参加者のソーシャルメディアでの投稿や、メディアが報じたことによる話題の拡散で、新アルバムをプロモーションする特設Webサイトへのアクセスはオープン当日の午前中だけで7万PVを超えた。

「CDが売れない時代と言われて久しいですが、やり方しだいで可能性はあると実感しました」。そう語るのは、「WEARABLE ONE OK ROCK」のPRとクリエイティブディレクションを担当した広告会社GOの三浦崇宏氏だ。

満足度を向上させることで 参加者自身をメディアに

日本レコード協会の調べでは、2016年のCD市場は数量ベースで前年比95%と ...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

集客力の強化 実店舗の訴求力を高めて顧客拡大の記事一覧

集客力の強化 実店舗の訴求力を高めて顧客拡大の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する