販売促進の専門メディア

SPORTS TEAMに学ぶ集客術

コアなファンに着目したオレンジ軍団のアンバサダー戦略

大宮アルディージャ

スポーツチームの「集客施策」は、小売業やサービス業でも応用が利くはず。今月は、6年でファンクラブ会員数が5倍になった大宮アルディージャの集客術について話を聞いた。

ファンがファンを呼ぶ満足度を向上させる秘訣とは

大宮アルディージャのシーズンは、ファンであれば誰でも参加ができる「サポーターズミーティング」から始まる。2016年シーズンのミーティングは1月に開催され、総勢約300人が参加した。

サポーターズミーティングでは、クラブ側からサポーターに向けて方針が発表。事前に寄せられた質問をもとに質疑応答の場も用意される。

とはいえ300人の大会議では、到底深い議論は交すことはできない。そこで同クラブでは必要があれば後日に数十人単位でもミーティングを開き、サポーターの声を取り入れている。会議のテーマも「グッズ販売」や「集客」などひとつに絞ることで、自分たちだけでは気付けない意見も出てくるという。

クラブ運営について取締役事業本部長の久保田剛氏は …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SPORTS TEAMに学ぶ集客術 の記事一覧

コアなファンに着目したオレンジ軍団のアンバサダー戦略(この記事です)
集客のヒントは球場内にある 千葉ロッテの顧客目線の企画とは
企画では「配慮」を欠かすな 絶好調カープの集客術とは
常時8割以上の動員を実現するためのアイデア3大原則とは
ベイスターズ集客成功の要因は、「顧客分析」と「一体感」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する