販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

象印マホービンが考えるプロモーションパートナー選びに必要なこと

象印マホービン

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    象印マホービン

    [今期のプロモーション予算] 前年比(金額非公開)
    従来のテレビ広告だけではなく、イベントとデジタルプロモーションの組み合わせなど、情報を拡散させる仕掛けに注力する。

調理家電や家庭用品の製造・販売を行う象印マホービン。その起源は、1918年に市川銀三郎、金三郎兄弟の「市川兄弟商会」がはじめた魔法瓶の中びん製造卸事業だ。その後手がけるようになった魔法瓶の完成品の製造・販売は、現在も同社の事業を支える。

主力製品である炊飯ジャーやステンレスボトルは耐久消費財のため …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

象印マホービンが考えるプロモーションパートナー選びに必要なこと(この記事です)
ストライプインターナショナルが考えるプロモーションパートナー選びに必要なこと
Zoffが考える理想のパートナーとは?
佐藤製薬が考える理想のパートナーとは?
カゴメが考えるプロモーションパートナー選びに必要なこと
西川リビングが考えるパートナー企業の選び方

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する