販売促進の専門メディア

           

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開

WPP、統合データ基盤を構築 テクノロジー企業に逆襲へ

WPP

グーグルやフェイスブック、ひいては広告主企業にまで、「データ取得」という分野では遅れをとりがちな広告会社だが、ここにきて世界大手のWPPが巨大なデータプラットホームの提供を始めると発表した。10年間にわたり、データやテクノロジー分野に投資を続けてきた成果だ。

WPPはかねてより、小売大手テスコ傘下の購買データ分析企業ダンハンビーにも食指を伸ばそうとしている。もし彼らが膨大な購買データまで手にすることができれば、競合を一気に引き離すことになりそうだ。

データに投資を続けてきた集大成がいよいよ提供開始

ソーシャルメディア上の閲覧データはフェイスブックやツイッターが、オンライン購買データはアマゾンが、共通ポイントの提供会社やクレジットカード会社も、オフラインでの購買データをはじめ膨大な消費者データを持つ。広告主企業も顧客データベースや自社サイトの閲覧データなどさまざまなデータを有する。

こうしたデータは、広告配信時にとっても価値あるものとして扱われるが、データ獲得レースに一歩遅れがちなのが広告会社だった。直接得られるデータに乏しいからだ。

それでも、データが広告ビジネスを左右する要素になる─と早くから目をつけていた企業はある …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する