販売促進の専門メディア

           

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開

ビデオリサーチ、新興企業らと位置情報データ活用を本格化

ビデオリサーチ

2016年は、位置情報を活用したゲーム「ポケモンGO」が世を賑わせた。配信直後は街の至るところでスマホを覗き込む人が見られたが、もし、彼らがどんな経路を辿り、1日を過ごしているのかがわかれば─位置情報データを活用しようという動きは、今後ますます高まるはずだ。

(写真左から)ビデオリサーチの池田宜秀氏、タップアラウンドの柳瀬敦氏、同・安藤雄太氏、ビデオリサーチの越川夏子氏。

機器の追加設置なく消費者の居場所を特定する

2017年、いよいよ北米で、オンライン広告がテレビCMの広告費を超える見込みだ。フランスやドイツではすでに広告市場シェア1位の座を明け渡しているが、世界最大の広告市場でもついに玉座に手がかかった。

オンライン広告に視線が集中する要因のひとつは、データに基づいて効率的に広告を配信したり、再配信時にさらに改善を行えたりと、「顧客の動きに最適化」できる点と言えるだろう。

しかし、いまや消費者の行動をデータでとらえられるのは、オンライン広告の専売特許ではない。

ビデオリサーチ(東京・千代田区)、グラビティ(東京・品川)、タップアラウンド(東京・品川)の3社は共同で、タップアラウンドの測定技術「TAP Track」を用いた位置情報・行動履歴情報の測定に成功した。消費者インサイトの調査だけでなく …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する