販売促進の専門メディア

           

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開

Google「来店コンバージョン」を店舗はどのように活用すべきか

グーグル

「効果測定」は、あらゆるプロモーション施策でネックになる。店舗への集客施策でも同様だ。どうすれば、店舗への動線を可視化できるか─。さまざまなアプローチがあるが、そのひとつの手法として、グーグルが提供する「来店コンバージョン」に視線が注がれている。

スマートフォンの位置情報から来店客データの計測が可能に

─近年、販促の現場では、データを活用して売り上げを向上させる取り組みが増えています。「来店コンバージョン」は、2015年10月のローンチ以降、オンラインからの店舗への送客を可視化するツールとして、各店舗での導入が進んでいますね。

信濃氏 当初はGMS や家電量販店、百貨店のようなビル全体が店舗の店から始まり、現在はコンビニエンスストアやショッピングモールの中の小型の店舗などにも導入が広がっています。

「来店コンバージョン」の大まかな仕組みは、オプトインしたユーザーのスマートフォンの位置情報をベースに、広告をクリックしたユーザーが店舗に実際に来店したかを計測するというものです。GPSやWi-Fiのシグナルによってかなり正確な情報を取得することができます。最近は …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する