販売促進の専門メディア

           

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開

事前注文とセカンドオーダーで客単価アップ 飲食業界のアプリ活用術

Showcase Gig

競合がひしめく中で流行り廃りに左右されずに生き残るには、デジタルで顧客を可視化してニーズに合わせた施策を打ち出していくことが求められている。いかにしてリピーターを獲得し、客単価を上げていくのだろうか。

Showcase Gig 代表取締役
新田剛史(にった・たけふみ)氏

東京ガールズコレクション・プロデューサーからミクシィを経て2011年株式会社バスキュール号取締役就任、2012年株式会社Showcase Gig設立。

いかにリピーター客をつかみ、客単価を上げるか

日本フードサービス協会が発表している調査によれば、2015年度のファーストフード店の売上高は前年比97.4%と微減となった。生き残り競争が厳しく、食トレンドの移り変わりで開店から1〜2年で正念場を迎える店舗も少なくない。その原因の一つとして、リピーターを取り込めていないことがあげられる。

近年、飲食店でもPOSデータを導入する店舗は増えているが、POSデータだけでは「何が」「いくつ」売れたかの定量的な情報しか得られず、真の顧客増を理解することにはつながっていない。顧客を十分に理解できていないため、ニーズに沿った商品・サービスの効率的な開発ができず、リピート客の開拓につながらないという悪循環に陥っているのだ。

飲食業界のモバイル決済サービスを手がけるショーケース・ギグで代表取締役を務める新田剛史氏は、「人材不足が慢性化している中で生き残っていくためには、いかにリピート客を獲得し、客単価を上げるかが重要」と話す。

では、なぜ飲食業界ではリピート客をつかむことができていないのか。新田氏によれば …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する