販売促進の専門メディア

           

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開

オイシックスの「顔が見えない」顧客との接し方

オイシックス

食品宅配のオイシックスは2017年3月期の売上高を、前年比14.1%増の230億円と見込んでいる。それを支えるのが会員数12万人超を抱えるEコマース(EC)事業だ。売上高の実に9割がリピーターという同社は、いかにして“個客”をつかんでいるのか。同社の堤祐輔・取締役が語る。

在庫のコントロールで推しだす商品を選別し、ロス率を下げている。

徹底した顧客分析と在庫管理でロスを抑える

オイシックスの定期宅配サービス会員数は、2016年9月末時点で12万4300人。直近半年間で1万3000人ほど増えた。サービス開始3年目を迎えた共働き世帯など多忙な女性向けの“時短”サービス「KitOisix(キットオイシックス)」を毎週お届けする定期宅配コースも、会員数が4万4000人を超えた。こうしたユーザーの心をがっちりつかむことこそ、同社の経営資源になっている。実に売上高の90%がリピーターによるものだ。

「会員一人ひとりに最適な売り場を提供することが最終目標」と語るのはオイシックスの堤祐輔・取締役だ。「そのために、さまざまな購買傾向を見ています。『この方は、精肉を購入するのがX回目だ』『この方は同じ商品を3回目以降買われていない』などなど。こうした傾向からユーザーニーズを汲み取り ...

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧

顧客をつかむ データの使い方・分析法を大公開の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する