販売促進の専門メディア

SPORTS TEAMに学ぶ集客術

集客のヒントは球場内にある 千葉ロッテの顧客目線の企画とは

スポーツチームの「集客施策」は、小売業やサービス業でも応用が利くはず。今月は、2年連続Aクラスの成績を収めた千葉ロッテマリーンズの幅広い集客施策に注目した。

社長自ら 球場の声をキャッチアップ

今シーズン、千葉ロッテマリーンズ(千葉ロッテ)のホーム72試合の観客動員数は昨対比115.5%で152万6932人となった。集客が好調な要因について、広報グループチーフの梶原紀章氏は、「プロモーション予算の投下先をユニフォーム配布試合に集中させたことが1番の要因だと思います」と話す。千葉ロッテでは来場者全員に記念ユニフォームを配布するイベントを実施してきた。さらに今年は、ユニフォーム以外にもタオルや女性向けTシャツ、キッズ向けのキャップなどを用意し、昨年より倍以上の39試合で配布した結果、集客増に大きく貢献したのだという。

千葉ロッテでは、「企画部」や「イベント部」など、集客プロモーションを考える専門組織があるわけではない。各部署から集まった10人程度のメンバーによる …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SPORTS TEAMに学ぶ集客術 の記事一覧

集客のヒントは球場内にある 千葉ロッテの顧客目線の企画とは(この記事です)
企画では「配慮」を欠かすな 絶好調カープの集客術とは
常時8割以上の動員を実現するためのアイデア3大原則とは
ベイスターズ集客成功の要因は、「顧客分析」と「一体感」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する