販売促進の専門メディア

           

Idea&Techniques

約3人に1人が65歳以上の下関市で 「超オトナ写真館」を開催

入口から売り場まで、全館が「超オトナ写真館」に。

オープニングイベントにはモデルも参加した。

山口県下関市のデパートを運営する下関大丸は、有志のメンバーで「特大の丸プロジェクト」を立ち上げた。「特大の丸プロジェクト」とは、「地域・地元密着型の百貨店のあり方」や「高齢化百貨店の活性化」をテーマに、顧客に喜んでもらうために企画・発信するプロジェクトだ。

同社はプロジェクトの第1弾として11月9日から22日まで下関在住の65歳以上をモデルにした写真館「超オトナ写真館」を実施した。65歳以上を「シニア」と呼ばずに「超オトナ」と定義した。

10月にモデルの募集を行い、夫婦や姉妹など計30組を起用。プロのスタイリストが下関大丸の商品でコーディネートし、プロカメラマンが市内各地で撮影した。

こうしてできあがった30点の写真を、下関大丸全体を写真館に見立て、館内の至るところに展示した。

写真を見た一般客からは、「モデルのイキイキとした写真を見て元気を分けてもらえた」「次回は参加を希望する」との声や、「モデル着用アイテムを購入したい」といった問い合せも売り場へ入り、各種メディアにも取り上げられた。

下関市は市内の約3人に1人が65歳以上という全国でも有数の高齢化地域(下関市発表2016年9月1日現在)。下関大丸で働く社員たちも高齢化している実態があるという。

プロジェクトリーダーを務める濱村光高氏は「社内にも閉塞感が漂っていたなか、この新プロジェクトで活気を取り戻すきっかけが作れた」と話した。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する