販売促進の専門メディア

           

Idea&Techniques

ココナッツサブレとエビ中が「小分け化」コラボ シングル4曲同時再生で驚きの合体曲に

5枚入り4パックにリニューアル

4曲同時再生で新たな1曲に。

日清シスコの「ココナッツサブレ」は今年で発売50周年を迎えた。今回はパッケージの小分けリニューアルにあわせて、商品公式アーティストである「五五七二三二〇」を、2人4組に“解体”するプロモーションを展開した。

「五五七二三二〇」は、ココナッツサブレが「私立恵比寿中学」とコラボレーションして結成した期間限定パフォーマンスユニット。

コラボの狙いは、50年間変わらなかったココナッツサブレを「小分け化」したことについて、ターゲットである若年層に伝わりやすくすることだ。

ロックの殿堂に名を連ねる「The Ventures(ベンチャーズ)」をはじめ、「RYO the SKYWALKER」や、「U-zhaan」、「banvox」、「HIFANA」といった大物アーティストとのコラボシングル4曲を10月26日に同時発売。ファンの間で、「各曲の収録時間とテンポが統一されていることに何か理由があるのでは」と話題になった。

その後、4曲を同時再生すると全く新しい楽曲「四味一体」になるというからくりを種明かしした。

Web上では、好きな楽曲をミックスして再生できるマッシュアッププレイヤーを公開。同社担当者は「パッケージの『小分け化』というリニューアルの理解を促しつつ、理屈抜きで人を驚かせるクラフトクオリティにこだわった」と話す。メディア露出は200件を超えた。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する