販売促進の専門メディア

           

デジタル販促 瞬間を捉えて売上増

Webメディアは「弱者」の味方 売上に直結させる企画の考え方とは

プランナー/イラストレーター 尾上永晃 氏

商品のプロモーションでは、どんなに話題になってもその商品が売れなければ本末転倒だ。広告主側にも迅速で柔軟対応が求められている。ここでは購買につなげるためのWebプロモーションについて学ぶ。

もともとWebプロモーションで
売り上げに直結させるのは難しかった

売り上げに直結するWeb プロモーション。数年前にそんなオリエンが来ていたら、間違いなくこう言っていただろう。「難しいですね。1GRPでもCMを増やした方がいいのでは」。

それくらい消費材においては、2,3年以上前のWebプロモーションは売り上げに影響がなかった。なので、CMのあまった予算で「何か面白いこと」「何か新しいこと」「カンヌを取れそうなこと」を作る。そうすることによって、最先端のことをやるブランド、すなわち若くてイケてるブランドというイメージを作り出す。主にWebプロモーションとは、そんな役割を担っていたのだと記憶している。みんなそれが良いと思っていたし、僕もそうだった。

2013年、はじめてWebプロモーションのCDとして任せていただいたのが「カルピスオアシス」という渇きを潤す飲料だ。ざっくり言うと塩カルピス。オリエンは「潤すという機能をSNSで話題化してほしい」。CMではカラダの渇きを描くという。であれば、こちらはSNSの渇きを潤そうと考えた。

そこで公開したのが …

あと88%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル販促 瞬間を捉えて売上増の記事一覧

デジタル販促 瞬間を捉えて売上増の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する