販売促進の専門メディア

訪日客向けプロモーション

P&G、「ファブリーズ」で訪日客販促 3000人規模で商品を体験

P&G

訪日旅行中に最も買い物をする訪日中国人客の視線が、為替の影響や、個人旅行客の増加を受け、手の届きやすい日用品に広がっている。訪日中に買うものを見定める傾向も見えてきた。国内での外国人向けプロモーションもますます増えそうだ。

鳥居を連ねたモニュメントの前で、「忍者」と一緒に記念撮影。ソーシャルメディアへの投稿を促した。鳥居や忍者といった、日本のシンボルは認知度が高く、好反応を得た。

訪日中に来てから決定
「リスト外」購入も87%に

P&Gは10月4日〜6日の3日間、大阪・道頓堀川で、訪日中国人観光客をメインターゲットに布用除菌・消臭スプレー「ファブリーズ」のプロモーションを実施した。黒装束に身を包んだ忍者が昼1時から夜9時まで、戎橋付近の会場に出現し、中国人観光客を呼び込んだ。戎橋は、江崎グリコが南西たもと側に設置しているので有名なスポット。繁華街の中心部でもある。

「ファブリーズ」は、衣類や布製品の除菌・消臭ができるスプレーだが、中国人客の認知強化は始まったばかりだ。中国人消費者は「ニオイは香りを重ねて対策するもの」という意識が強く、「除菌・消臭」という概念が薄い。

「中国ではソーシャルメディアを中心に、キー・オピニオン・リーダー(有力な発信者)を起用した話題づくりにとどまっている。他メーカーの商品を含め、中国での認知強化はこれから。今回のイベントを機に、拡販に務めたい」(P&Gの浅井行代ブランドマネージャー)

会場付近では、4人の忍者スタッフが道行く中国人観光客に声をかけ、「ファブリーズ」を実際に衣類にスプレーして商品の試用を促進。鳥居を模したオブジェの前での記念写真撮影にも応じた。

参加者は、1日あたり1000人ほどが参加。特に食事帰りで料理やタバコなどのニオイが気になる夕方〜夜は盛り上がりを見せ、1時間に250人がつめかけて列をなしたという。

「今回は商品体験をしていただくことにウエイトを置いたが、今回のイベントは非常に満足している。商品機能に対し驚きを見せた観光客は少なくなく、『体験』を目的とすることで、良いコミュニケーションができると実感した」(浅井氏)

訪日中国人客の視線日用品にも広がる

中国人観光客は2015年までは家電製品など高額商品を主に購入していたが、ことしに入り、購入対象が日用消費財に広がっている。

ホットリンクによる、ネット上の口コミを元にした「日本で購入したもの」で2015年2月と16年2月を比較すると、「温水洗浄便座」が3位から22位に急落、いわゆる“爆買い”のシンボルだった「炊飯器」は圏外となった。一方 …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日客向けプロモーションの記事一覧

訪日客向けプロモーションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する