販売促進の専門メディア

販促予算 「何に」「いくら」「どう使う」

販促予算の投資先の比重は 新規 > 既存という結果に

販促会議編集部では読者を対象にアンケートを実施。今月の特集企画「販促予算」について、その使い道や現状を探った。各社ソーシャルメディア広告などのWebプロモーションに注目しているようだ。

そもそも人手不足?
約半数が「1~5人」と回答

販売促進部門の組織人数について、42.2%が「1〜5人」と回答した。次いで「6〜10人」と回答したのが20.3%、「11〜15人」が9.4% と続いた。

    販売促進部門の組織人数について教えてください。

デジタル予算の取り方に課題あり

パンフレットの制作予算が取れても、その後のWebでのプロモーションは確保しづらいケースが多いようだ。他にも「販促に割ける予算が少ない中で、いかに効果的なプロモーションができるかを模索中」「既存顧客の把握と、リピート/ファン化施策をどうブランディングし、促進するかが課題」という回答もあった。

    小見出し

    販促業務での課題・悩みについて教えてください。

    回答

    自社Webサイトでの製品ページ制作や販促用動画制作&Webサイトアップなどの費用処理が「販促費」として計上されない…(ソフトウェア扱い)

    販促のための費用全貌が把握しづらい…

    予算の取り方が難しい。「新製品ができたのでパンフレットを作りたい」と依頼がきた場合、制作の予算は取れるが、製品動画・Web専用ページ制作・広告掲載(紙媒体・Web両方)の予算は別に申請となり、通りづらい…

    他社は予算の決め方はどうしているか?(年間予算なのか、新製品ごとに初めから決まっているのか)広告・パンフレット作成・Web・動画の総額なのか…

約6割が「1~10%」と回答
プロモーション費は「売上の1割」が基本か

売り上げのうち、プロモーション費にあてられるのは …

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促予算 「何に」「いくら」「どう使う」の記事一覧

販促予算 「何に」「いくら」「どう使う」の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する