販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

佐藤製薬が考える理想のパートナーとは?

佐藤製薬

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    佐藤製薬

    [今期のプロモーション予算] (金額非公開)
    店頭での施策をはじめ、各ブランド製品の付加価値をより深く理解してもらうために、継続的な情報発信に注力していく。

1915年に創業し、一般用医薬品(OTC 医薬品)を主な事業とする佐藤製薬。「ヘルスケア・イノベーション」を企業理念に、健康への意識を持つ消費者へセルフケアの実践に貢献する製品を提供している。近年は、セルフケアと薬に関する正しい知識を啓発する情報番組の企画・放送など、セルフケアのさらなる推進を目指している。栄養ドリンク剤「ユンケル」や歯周病治療薬「アセス」、かぜ薬の「ストナ」など主力ブランドはいずれも長い歴史を誇る。

2016年8月には …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

佐藤製薬が考える理想のパートナーとは?(この記事です)
カゴメが考えるプロモーションパートナー選びに必要なこと
西川リビングが考えるパートナー企業の選び方
プロモーションパートナー選びに持つべき視点とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する