販売促進の専門メディア

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW

新しい野菜の楽しみ方を提案「キユーピーとヤサイな仲間たちカフェ」

キユーピー

外観はマスコットキャラクターの「ヤサイな仲間たち」をモチーフに設計した。

食品メーカーのキユーピー(東京・渋谷)は、8月24日から9月23日までの期間限定で、「キユーピーとヤサイな仲間たちカフェ」を東京と大阪の2都市に同時オープンした。東京は渋谷の「Royal Garden Cafe SHIBUYA」に、大阪は西心斎橋四ツ橋の「W cafe」に展開。「野菜をもっと好きになる」をコンセプトに、「ドレッシングの日」(8月24日)と「野菜の日」(8月31日)という野菜にまつわる記念日を絡め、新しい野菜の楽しみ方を発信した。

カフェでは野菜に肉や魚介、フルーツ、穀物などのトッピングを加えた「パワーサラダ」など野菜を豊富に使ったメニューを提供。東京・大阪でメニューが異なり、それぞれ15種類で展開した。すべてのメニューにキユーピーのマヨネーズやドレッシングが使用され、カフェを通じて商品の味や使い方を知ってもらえる場とした。

今回の出店の狙いについて、キユーピーの担当者は、「消費者から直接、声を聞いてニーズを把握し、商品の開発・改善に生かしたい」と話した。消費者の生の声を聞くための取り組みとして、ランチメニューの注文者対象にアンケート調査を実施。広く野菜の楽しみ方に対する意識を知ることを目的に、キユーピーの商品に関する内容ではなく、野菜メニューの認知度を調査する内容とした。回答者には会計時に「キユーピー マヨネーズ50g」とオリジナルのクリアファイル、リーフレットをプレゼントした。

店内はキユーピーのマスコットキャラクターである「ヤサイな仲間たち」をモチーフにキャラクターのパネルやタペストリーで装飾。来店客が野菜を楽しめる雰囲気を演出した。「ヤサイな仲間たち」はキユーピーが「野菜をもっと好きになってほしい」という思いを伝えるためにつくったマスコット。レジ前では同キャラクターのキーホルダーやクリップの他、マヨネーズスタンドの販売も行った。友人へのプレゼントや会社の同僚に買っていく客が多かったという。

キユーピーの担当者は「最近は野菜を積極的に楽しむ人が増えていると感じている。今後も、新しい野菜の楽しみ方を提案し、自然と野菜摂取量が増えるような取り組みをしていきたい」と話している。

一皿でビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質、脂質等を取ることができる「パワーサラダ」が人気を集めた。

店内は「ヤサイな仲間たち」のタペストリーを使用して楽しく野菜を食べられるように。

レジ前ではキャラクターのグッズやマヨネーズスタンドなどのグッズも販売した。

今月のひとめぼれプロモーション!CLOSE VIEW の記事一覧

新しい野菜の楽しみ方を提案「キユーピーとヤサイな仲間たちカフェ」(この記事です)
コミュニケーションを「誘う」場の提供でブランド訴求
ITを活用したWOW!な体験 由比ガ浜の「海の家」
野外フェスにパウダールーム メーク直しの場を通じてブランド訴求
「ザ・ビートルズ来日50周年」とコラボ ちょっと贅沢な珈琲店
ボトル「スタンプ」を使ってメッセージ コカ・コーラのファンを増やすための仕掛け

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する