販売促進の専門メディア

経営トップ 販促発想の着眼点

20万人のメルマガ会員、年商10億円も間近のチョコレートデザインの挑戦

チョコレートデザイン

代表取締役 八木克尚(やぎ・かつひさ)
1976年、横浜市生まれ。日本菓子専門学校洋菓子科を卒業後渡仏。フランス国立製菓専門学校で学ぶ。帰国後、港南台ブルージュの丘、モロゾフを経て、2000年ヴァニラビーンズを設立。楽天市場にてネット通販を開始する。2007年チョコレートデザインに組織変更。楽天市場では、ショップオブザイヤーのスイーツ賞やスイーツ大賞などを受賞。2014年、VANILLABEANS みなとみらい本店をオープンさせた。

「VANILLABEANS(バニラビーンズ)」のブランドでチョコレート菓子を製造・販売するチョコレートデザインは、カカオ原産国の子どもたちの生活を支援するため、フェアトレードのカカオを使うなど、社会貢献事業を積極的に進めている。ネットで毎週行っているチャリティオークションでは、積み立てた売上金でガーナに学校を建設した。顧客は「チョコレートで世界を幸せにする」という同社の企業理念に共感を寄せ、販売も順調に推移。たったひとりで2000年に創業した同社だが、2015年6月期の売上は9億6000万円に達した。

楽天市場で販売スタート

ネット通販を軸に年間9億6000万円(2015 年6 月期)を売り上げるチョコレート菓子ブランド「VANILLABEANS(バニラビーンズ)」。

同ブランドを展開しているのは、横浜に本社を置くチョコレートデザインだ。2000年に同社代表取締役の八木克尚氏が創業し、楽天市場に出店、チョコレート菓子のネット通販を始めた。

看板商品のひとつは、口あたりの柔らかいチョコレートを、サクッとしたクッキーではさんだ「ショーコラ・マイルドカカオ」。ほかにも、フランス産バレンシアオレンジのコンフィ(シロップ漬け)を使用した「オランジュ」などが人気商品だ。

楽天市場でのショップ
同社は創業時から楽天市場で商品を販売。現在のネットと店舗との売上比率は6対4でネットが大きい。

ブームに迎合せずブランド価値の向上目指す

同社は創業後間もなく、チョコレート菓子だけを売ることにした。菓子の世界は、ロールケーキやチーズケーキなど、特定の菓子に大きな注目が集まり、売上が大きく伸びることがある …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経営トップ 販促発想の着眼点 の記事一覧

20万人のメルマガ会員、年商10億円も間近のチョコレートデザインの挑戦(この記事です)
中高生向けITキャンプにのべ1万5000人参加 ライフイズテック水野CEOインタビュー
スマホ家庭教師サービスを提供するマナボ、社長インタビュー
競技用車イス、トップブランドの販促視点
6年で経常利益5.8倍へ、老舗和菓子屋トップの着眼点
従来の通販に加え実店舗の販売を強化、DoCLASSEの戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する