販売促進の専門メディア

大学ゼミ訪問

消費者は何を指標に購買するのか 「物量作戦」で探る

日本大学

20年後のメディアはどうなっているか

中瀬剛丸ゼミでは、メディアがもたらす影響を中心とした研究に取り組んでいる。そこには、NHK放送記者としての報道経験と、放送文化研究所で従事した世論調査という、中瀬教授の持つ現場感覚が活かされている。

中瀬教授の一番の関心は、「メディアの効果研究」だ。国民統合メディアとしての役割を果たしていたテレビが、その力を低下させていき、代わって登場したネットメディアは、その選択肢の豊富さゆえに、世論を分散させる。分散するのは世論だけではない。人々の問題関心、価値観、そして消費ニーズも分散させる。

「いまの20代は、すでにネットとテレビに接する時間が半々になっています。ということは、20年後にはおそらく国民全体がそうなっている。昔のテレビのように、紅白(NHK紅白歌合戦)を見ていれば会話が成立する時代ではなくなりました。人々の関心が分散して会話が成立しなくなったとき世論はどうなってしまうのか。それが私の研究の出発点です」と話す中瀬教授。テレビ番組やCMなどのメディア効果を研究してきたが …

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

大学ゼミ訪問 の記事一覧

消費者は何を指標に購買するのか 「物量作戦」で探る(この記事です)
統計データを活かしマーケティング戦略を学ぶ―立命館大学 金昌柱ゼミ
頭と体をバランス良く使い、問題解決能力を養う―関西学院大学 川端ゼミ
ブランドのビジョンをマーケティングにどう活かすか―香川大学 藤村ゼミ
多文化共生から学ぶ「おもてなし」と情報の伝え方―東京女子大学 松尾ゼミ
小説の映像化から学ぶ、コミュニケーションの基本―中京大学 甘露ゼミ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する