販売促進の専門メディア

SPエクスプレス

読売、新聞広告にてこ入れ ほか、4月のSPニュース振り返り(前編)

広告界の動向、ビジネスニュース、販売促進に関する新製品、新サービス、イベントなどの最新情報をコンパクトにお届けします。

<組織改編>
読売、新聞広告にてこ入れ 広告局にメディアデザイン部を新設

img01

読売新聞東京本社の松田陽三・取締役広告局長

読売新聞社は4月1日付で、東京本社広告局の組織を改編した。新聞記事下広告枠のセールスをメインとしていた従来の営業体制を改め、広告主や広告会社からのあらゆる相談に1人の営業担当者が対応できるようにする。グループの持つ広告商品やリソースの中から、ワンストップで提案できる体制を構築する。

デジタル広告や小枠広告、別刷り広告特集など記事下広告以外の広告商品について、商品開発や社内外との調整などを行う専門部署「メディアデザイン部(MD部)」を広告局内に新設した。部員は12人。営業担当者と連携し、メディアプランナーとして提案に必要な実務を担う。

営業担当者は広告主や広告会社への対応に注力することで、提案力とスピードの向上を図る。

広告主業種別に分かれている営業部の担当を組み換え、「出版」と「エンターテインメント」を一つの部に集約するなど親和性の高い業種をまとめた。

企画特集やクリエイティブ提案の機会の増加に伴い、アートディレクターの採用や新規制作会社の導入を進めるほか、広告局員向け研修の実施など、提案力強化のための体制を整える。

大阪本社広告局では、同日付でビジネス開発部、広告統括部、広告編成部を統合し「営業政策部」を新設した。営業支援にとどまっていた各部門の機能を改め、新広告商品の開発や大型企画の立案を担うなど、地域拠点でも提案力強化のための組織改編を実施した。

読売は2015年から広告局の組織改革に着手。同年4月には、読売グループの力を活用するためのハブとなる機能として、東京本社広告局に営業推進室を発足した。読売グループには新聞広告のほか …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SPエクスプレス の記事一覧

EC支援も 「電通デジタル」7月設立へほか、4月のSPニュース振り返り(後編)
読売、新聞広告にてこ入れ ほか、4月のSPニュース振り返り(前編)(この記事です)
中国語で商品紹介、スマホに ココカラファインほか、3月のSPニュース振り返り(前編)
中国決済に第三の矢 QQ ウォレットが日本展開開始ほか2月のSPニュース振り返り(後編)
ファミマ、検索連動型クーポンや電子スタンプ活用ほか2月のSPニュース振り返り(前編)
ファミマ、訪日客向け両替機を導入ほか1月のSPニュース振り返り(後編)
地域活性をデザインでひもとく展示会ほか1月のSPニュース振り返り(前編)
シニア向けに特化した通販アプリほか12月のSPニュース振り返り(後編)
訪日客対応の自販機ほか12月のSPニュース振り返り(前編)
歯の診断付きりんごが好調ほか11月のSPニュース振り返り(後編)
メガネで売り場映像を配信、そごう・西武ほか11月のSPニュース振り返り(前編)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する