販売促進の専門メディア

販促NOW アプリ編

「Bot」との会話だけでピザ注文 顧客との新しいコミュニケーション

アプリを変える「Bot」/石川 温(ケータイ・スマートフォン ジャーナリスト)

3月末にアメリカ・サンフランシスコで行われたマイクロソフトの開発者会議では、ドミノ・ピザがBot環境をデモし、その可能性を披露していた。


LINEでもBotアカウントを自由に開発できる環境を整備。レストラン検索と連携し、お店探しからクーポンの発行などを自動的に行えるようになる。

今年のスマホ業界で、キーワードとなりそうなのが「Bot」だ。ここにきて、色々なプレイヤーが「Bot」に注力し始めたのだ。Botと言ってなじみがあるのがTwitterだ。ユーザーになりすまし、不定期につぶやき続けるアカウントが存在する。発言する内容はプログラミングによって、コントロールされているが、時に有益なものだったり、くだらないものだったりと多様だ。

Botという名称はロボットからきており、コンピューターが自動的につぶやく。LINEでも開発者がBotを作れるような環境が整いつつある。また、マイクロソフトは3月末に開催された開発者向けイベントでBot開発環境の強化を発表。同社の傘下であるSkypeやLINEなどで…

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW アプリ編 の記事一覧

「Bot」との会話だけでピザ注文 顧客との新しいコミュニケーション(この記事です)
レジで告げるだけ 財布を取り出さずにお買い物
15スタンプで1本無料!アプリ対応の自動販売機
プッシュ通知でライブ配信開始、LINE LIVE
指定先に自転車をデリバリーしてくれるアプリ
dポイントを貯める上で便利なアプリ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する