販売促進の専門メディア

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

老舗旅館女将のWEB運用法

古くから、旅館の営業は主(あるじ)である男性の仕事であった。しかし、あわら温泉では女将たちが表舞台に立ち、活躍している。

あわら温泉に軒を連ねる13軒が加盟する「女将の会」。世代を超え、信頼関係で結ばれている

「関西の奥座敷」とも称される、開湯130年以上の歴史を誇る芦原(あわら)温泉。豊富な湯量で各旅館が自家源泉を持つことから、温泉を共同管理する仕組みがなく、かつては旅館どうしの協力体制がない状態だった。

そんな中、24年前、「一度みんなでご飯でも」と女将たちが集まる企画が立ち上がった。それが、『あわら温泉女将の会』の結成につながっていったのである。会の始まりから5年、転機が訪れる。97年のナホトカ号重油流出事故だ。当初は復旧の目途も立たない状態だったが、多くのボランティアの助けにより早々に回復。女将たちが関西のメディアに出演し感謝を伝えると、意外な波及効果が現れた。

「女将は旅館の中にいるもの」という常識がある中で、表に出始めた女将たちは世間の注目を集め、イベントへの出演依頼が舞い込むようになった。

『女将の会』は、インターネットによる情報発信にも力を注いだ。会がホームページを開設したのは、2000年。「手書きのノートがモニター上にある」イメージでつくられており、手づくり感のあるデザインになっている。

旅館『白和荘』の女将・立尾清美氏は、こう振り返る。

「とにかく発信し続けることが大事で ...

あと47%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

老舗旅館女将のWEB運用法(この記事です)
「ばら焼酎」が大ヒット 地域の宝を味わいで表現
明るい廃墟が「体験型」で再生
1玉5000円のパイナップル 離島のマイナスをプラスに
会場を「祝祭空間」に バスケ人気、沖縄を席巻
「人」と出会える地域特産品ショップ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する