販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第8回販促コンペ、課題の解説「シェーキーズ」~「カルビー」

「販促会議 企画コンペティション」は、協賛企業から出される商品・サービスのプロモーションについての課題を受け、解決策となるアイデアを企画書形式で募集するコンテストです。実務の課題を解決し、「人が動く」「売上につながる」斬新なアイデアを募集いたします。応募には登録が必要となります。ご登録は公式サイト「ログイン/応募者登録」から

大人が行きたくなる『シェーキーズ』の素敵なアイデア

img01

Q.課題の目的・目標は?

シェーキーズは、日本上陸から40年以上の老舗ブランドとして高い知名度がありながら、「学生が行くお店」と認知されているのが現状です。価格面だけではない「大人が楽しめるブランド」となるような企画・アイデアを期待しています。

Q.市場動向やターゲットは?

リーズナブルなピザバイキングチェーンとして競合するブランドはほとんどありません。現状は、主に25才〜35才の男女の客層が薄く、特に社会人やファミリーに支持していただけるブランドとなることが現状の課題です。

Q.訴求点は?

「American Pizza House」のコンセプトのもと、シェーキーズは1980年代には全国に80店舗を展開する強いブランド力を持っていましたが、2000年以降は直営店・フランチャイズ店合わせて20店舗前後を推移しています。近年ショッピングセンターを中心にファミリー層をターゲットにした「Kids & Family」タイプの店舗にリニューアルを進めています。

Q.トーン&マナーや注意事項は?

店舗のロケーションや客層に合わせた価格設定・営業内容も特長です。そのために全国一律の企画・販促を行うには一工夫必要ですが、チェーン自体はコンパクトなので新しいことに挑戦したいと考えています。

(シェーキーズグループ/グループマネージャー 廿楽貴一氏)

10~20代の女性を、「塗るつけまつげ」に惹きつける方法

img02

Q.課題の目的・目標は?

25歳以下の女性が「塗るつけまつげ」を購入したくなる企画を募集します。

Q.市場動向やターゲットは?

人気製品がひしめくマスカラ市場で、15年前に発売して以来ずっとナンバーワン。でも若い人たちには知られていないのが実態です。自分に合う本当に良いものをよーく選んで慎重に買い物をするけれど、やっぱり話題のものを使ってみたい。そんな人たちに「長年売れている良い製品だ」と知ってもらい、手にとってもらいたいです。25歳以下の女性の「買いたい気持ち」にキュンと響く、斬新なアイデアをお待ちしております!

Q.訴求点は?

「塗るつけまつげ」は化粧品というより、リアルな効果を実感できる「まつげを長くするためのツール」として生まれました。塗るほどにまつげが長くなるのに、どんなに重ねて塗ってもつるんと美しい。その仕上がりはまさに「塗る」タイプの「つけまつげ」。絶対にパンダ目にならず …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する