販売促進の専門メディア

大学ゼミ訪問

統計データを活かしマーケティング戦略を学ぶ―立命館大学 金昌柱ゼミ

立命館大学

データ分析に基づいたマーケティング戦略

金昌柱ゼミは、データ分析の統計スキルをもとに、企業のマーケティング戦略について研究している。基本となる統計処理について、金准教授は「経営学部の生徒が学ぶべき重要な取り組み」として重視している。ゼミの学生は、はじめに因子分析、回帰分析、多次元尺度法などの統計処理を学ぶ。学期ごとに定期試験を行い、基礎能力としてしっかりと身につける。そのうえで、実際に企業の課題の解決にも取り組む。

取り組みのひとつとして、神戸新聞社らが開催する「課題解決ラボ(Mラボ)」への参加がある。Mラボは、企業が抱える課題を大学のゼミ単位で調査研究するプロジェクト。マッチングされた企業と協力して、課題解決のプランをプレゼンする。金昌柱ゼミでは、2014年度、神戸に本社を構える子ども服メーカー「ファミリア」へ認知度アップのための提案を行った。

調査は、神戸、大阪、京都、草津といった関西地区の4大都市で、400人規模の消費者アンケートを実施。調査結果を統計分析し、課題解決のプランを導き出した。プレゼンの結果 …

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

大学ゼミ訪問 の記事一覧

統計データを活かしマーケティング戦略を学ぶ―立命館大学 金昌柱ゼミ(この記事です)
頭と体をバランス良く使い、問題解決能力を養う―関西学院大学 川端ゼミ
ブランドのビジョンをマーケティングにどう活かすか―香川大学 藤村ゼミ
多文化共生から学ぶ「おもてなし」と情報の伝え方―東京女子大学 松尾ゼミ
小説の映像化から学ぶ、コミュニケーションの基本―中京大学 甘露ゼミ
コミュニケーションの受け手を起点に考えるスキルを培う―九州産業大学 五十嵐ゼミ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する