販売促進の専門メディア

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室

「この販促企画で売れるの?」と言われたときの対処法

下地寛也(コクヨ スキルパークシニアトレーナー)

販促担当者へのアンケートでは、6割が「社内調整」に課題を感じています。上司、他部署への依頼・交渉をもっとスムーズにしたい! そんな販促担当者のリアルな悩みに対し、社内コミュニケーションを円滑にするヒントをお伝えします。

今月のお悩み

この販促企画で売れるのかと聞かれて困ります。

売れる根拠を求められて答えに窮することがあります。

--------メーカー・販促担当者

売れる根拠を示してという相手の意図を考える

「ホント、これで売れるの?」。企画者として、この一言はヘコみます。「いや、あの、私としては売れると思っているのですが…」。「何を根拠に言っているのかなぁ」。

売れる根拠を示してほしいと言われたときに、「そんなの、やってみないとわからないよ」と思う気持ちもわかります。ただ、相手も決して、「100%売れることを証明して」とか「売れなかったら責任とれ」と思っているわけではありません(ブラック企業でなければですが…)。未来は誰にもわからない。指摘した人もそのつもりです。それでも売れる根拠を示してと言いたくなるのは、全く企画の効果が見えず、その試算も提示されていないことが理由でしょう。

企画の仕事はユニークなアイデアを出して売れそうな販促方法を考えることではありますが、本当に仕事ができる人は、それプラス ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画実現のための「社内調整」お悩み相談室 の記事一覧

「この販促企画で売れるの?」と言われたときの対処法(この記事です)
「ありえないスケジュールで仕事を頼まれる」その対処法は?
クライアントの指示が曖昧、どうする?
社内で「変革」の推進が課題、どう進めていけばいい? 
シンプルなツールのデザインに理解が得られず困っています
上司と自分の話の論点がすぐズレて困っています

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する