販売促進の専門メディア

明日から使えるデータ活用入門講座

コストをかけずにメールの配信効率を上げるには?

簗島亮次(インティメート・マージャー 代表取締役社長)

「データは売りにつながる!」ビッグデータ活用のプロが、販促におけるデータの使い方をやさしく指南します。今回は読者の皆様よりいただいた質問におこたえします。

データの専門家が解決する
データあるある Part1

前回はデータを活用するための体制などについての疑問に答えましたが、今回はより具体的なデータ活用時の悩みについて解決方法を紹介します。

コストをかけずにメールの配信効率を上げるには、どうすれば良いのでしょう

CRM施策の一環として会員向けに定期的にメールを配信している企業は多いと思います。ただ、多くのメール配信施策はメールが配信できる人たちに対して全て同じ文面でメールを送っていることが多く、メールを配信していくにつれてメールの拒否率が増えてしまいがちです。コストをかけてメールの文面を会員属性に対して最適化すれば、開封率などを上げられるけれども、費用対効果が合わないし、メール配信は特にコストがかかるわけではないので、会員全体にメールを送ってしまった方が良いと言われることも多いので、今回は導入コストが低いけれどメールの配信効率を上げられる方法について紹介します。

一つ目の方法はメール開封可能性が高い時間帯にメールを配信することです。昨今スマートフォンでのメール閲覧が増えたことでメールの開封時間は大きく分けて3つの時間に …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

明日から使えるデータ活用入門講座 の記事一覧

コストをかけずにメールの配信効率を上げるには?(この記事です)
部門を越えてデータの活用を推進していくには?
カスタマージャーニ―における、データの役割
カスタマージャーニーに沿って集客するには?
顧客の獲得のしやすさに応じて、集客手段を考える
集客チャネル選びは「カバー率」と「新規率」を見る

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する