販売促進の専門メディア

通行客が振り向く交通広告・OOH

訪日客向け販促は未開拓 「お客さま」スイッチを入れよう

新津研一(ジャパンショッピングツーリズム協会 専務理事)

2000万人が目前に迫った訪日観光客需要。さまざまなアプローチの仕方があるが、買い物や観光で街歩きをする旅行者に対し、屋外広告や交通広告は有効な手段のひとつとなりそうだ。しかしジャパンショッピングツーリズム協会専務理事の新津研一氏は、この分野は「まだ開拓の余地がある」と話す。

訪日客の姿がすっかり定着した東京・銀座。しかし、彼らに向けたアプローチは、まだまだ改善の余地がありそうだ(写真提供:Shutterstock.com)

    訪日客へのアプローチを考えるポイント

  • 自分が外国に行ったときを想像して街を見渡してみる
  • まずは英語の併記、漢字の多用から始める
  • 広告デザインは先入観で決めず、現地の最新事例を学ぶ

─訪日客向けのプロモーションのポイントはずばり、何だとお考えですか。

新津研一氏 「このスイッチを切り替えればうまくいく」というものがあるとすれば、「訪日客をお客さまとして認識する」ということだと思います。

─かねてからの訪日客需要で、各企業が「お客さま」として考えているのでは?

新津氏 どうでしょうね。自分が外国に行ったときを想像して街ナカを見渡すと、まだ改善の余地があることが分かると思います。

例えば休憩しようとドーナツ屋さんに入ったとします。ところが、読めない文字ばかりで商品名すら分かりません。チョコレート味やストロベリー味くらいは色でも判断できるでしょう。では、アップルパイとミートパイを見た目で区別できるでしょうか。

「英語でAppleとかMeatと書いてあればいいのに、せめてリンゴや肉のイラストがあれば分かるのに」─全く同じことを、いま日本を訪れる人々は感じているでしょうね。

看板一つとっても、日本の百貨店できちんと「Department Store」と英語で掲げているところはどれだけあるでしょう。特に電鉄系。ガイドブックにすら載っていないところも多いですから …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

通行客が振り向く交通広告・OOH の記事一覧

駅通路に巨大野菜がズラリ!QRコードによる野菜販売も実施
訪日客向け販促は未開拓 「お客さま」スイッチを入れよう(この記事です)
街が面白ければ消費は動く 屋外プロモーションの“王道”とは
銀座~京橋再開発 街歩きする消費者を集めるのは
市民に親しまれる芝生公園で園内情報と連動した広告発信
リアルタイム・バスサイネージでバス媒体の新たな可能性を検証
目が離せない 新発想の海外OOH
商業施設の利用者に訴求、名古屋駅に新サイネージ
OOHとウェブの連動で若年層が注目 「ハトのフンまみれになったサラリーマン」
札幌市内の地下鉄駅に、初のデジタルサイネージ
リスナーから屋外広告の掲出場所を募集
“第3の放送”はじまる 位置情報やコンテンツと連携した販促も
サイネージに近づくとスマホでスロット開始
リアルTwitterボタンで駅から話題を拡散
駅構内カフェ活用、SNS用似顔絵アイコンプレゼント
20万人の劇場動員をけん引!100枚写真展とサイネージムービー
導線が絞り込める二子玉川でサイネージの合わせ技
銚子電鉄に髪毛黒生駅、聖地と話題に
「なでる」体験型OOH!スマホゲームの世界観を訴求
再開発が進む渋谷で大型ポスターボードなど続々登場
つり革ならではのコピーで通勤客の注目度アップ
車内をバレー一色に、試合結果はトレインチャンネルで放映
ここが変わった 新型山手線の車内メディア
品川駅構内に「お小遣い診療所」を設置 ビジネスマン中心に200人を集客
数万通りを世界1000カ所に 電通、電子看板をネットワーク
駅も電車も突き破る!「モンスト」を日本中でPR
優勝ジョッキー気分を疑似体験、撮った映像はシェアも
縦横10mの巨大こたつで、温かい緑茶の美味しさ再認
駅ナカにゲームセンター出現!電子マネーで遊べる利便性訴求
「匂いの悩みあるある」を展開し、女性トイレで消臭効果を訴求
ドラマの認知を高める「絆創膏」付きの大型ポスター
挑戦者続出!「集中力クイズ」で商品訴求
あえて通勤時間帯にサンプリング!朝に飲みやすいイメージを獲得
立体型オブジェが壁から!インパクトで実購買に誘導
新宿駅に突如出現、パディントンキャッチャー
移動中の人々が足を止める、化粧品の駅イベント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する