販売促進の専門メディア

SPエクスプレス

地域活性をデザインでひもとく展示会ほか1月のSPニュース振り返り(前編)

広告界の動向、ビジネスニュース、販売促進に関する新製品、新サービス、イベントなどの最新情報をコンパクトにお届けします。

<ネットスーパー>
駅ロッカーにネット商品配達 東急ストアが綱島駅で開始

img01

出荷確認メール内のバーコードをロッカーの読み取り機にかざすと開く。

東急電鉄は1月12日、ネット経由で買った食品スーパー「東急ストア」の商品を、駅に備えた専用ロッカーに配送するサービスを始めた。冷蔵機能を持つロッカーを東横線綱島駅に試験的に設置した。8日の「東急ストア綱島駅前店」閉店に伴い、利用者から「買い物が不便になる」との声が寄せられていた。

ロッカーは全10室で、内6室に冷蔵機能がある。東急ストアのネットスーパーの会員登録後、「ロッカー受け取り綱島駅」を選ぶと利用できる。受け取り時間帯は、夜6時~9時のほか昼と夕方の3パターン。受け取り時間を過ぎた商品は廃棄する。ロッカー利用料は324円(税込)で、2500円(税込)以上の買い物で無料になる。

東急ストアネットスーパーは、家事代行などを手がけるグループ会社「東急ベル」が、東急ストア店頭の商品を会員の自宅に届けるサービス。1月までに対象を12店舗に拡大している。

なお調査会社マイボイスコムの調べでは、2015年10月時点で「ネットスーパーを使いたい」とする利用意向者は前年比2.4ポイント減の23.2%で、微減傾向にある。

利用者の不満には、「宅配の場合家で待っている時間がいや。だったら仕事帰りに買って帰ったほうがいい」(女性34歳)との声もあった。

<交通広告>
日本交通、配車アプリに乗車クーポン付き広告配信を開始

タクシーの日本交通グループ会社のJapanTaxiは1月7日 ...

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SPエクスプレス の記事一覧

ファミマ、訪日客向け両替機を導入ほか1月のSPニュース振り返り(後編)
地域活性をデザインでひもとく展示会ほか1月のSPニュース振り返り(前編)(この記事です)
シニア向けに特化した通販アプリほか12月のSPニュース振り返り(後編)
訪日客対応の自販機ほか12月のSPニュース振り返り(前編)
歯の診断付きりんごが好調ほか11月のSPニュース振り返り(後編)
メガネで売り場映像を配信、そごう・西武ほか11月のSPニュース振り返り(前編)
スマホで日本酒輸出拡大狙う ほか10月のSPニュース振り返り(後編)
三越伊勢丹HDとCCCが合弁ほか10月のSPニュース振り返り(前編)
洋服の定額制レンタルサービス開始ほか9月のSPニュース振り返り
イオン子会社、香港向けに果物などEC販売ほか8月のSPニュース(前編)
資生堂、来店者の行動を分析する什器ほか8月のSPニュース(後編)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する