販売促進の専門メディア

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

1玉5000円のパイナップル 離島のマイナスをプラスに

やえやまファーム

物流コストや気象災害リスクが大きい離島は、農業に適さないと言われる。しかし、そんな過酷な環境を逆手に取り、強い農畜産品ブランドを築いた先駆者が石垣島にいる。

img02
img01

やえやまファームは沖縄・石垣島でオーガニック・高付加価値型の農業を展開している。パイナップルを中心にバナナや島生姜、ハーブ、さらには豚や牛を生産し、加工や販売も自社で手がける、完全六次産業化の事業を推進する。厳選した完熟パイナップルは1玉4000~5000円、ジュースは1本約3500円。商品は驚くほど高いが、島内店舗のほか、自社ネットショップ、有名百貨店などで飛ぶように売れる。「世界一おいしく、安全で、高価な商品づくり」を、離島という過酷な環境で実現した。

代表取締役の宮谷茂氏は、もともと大阪で …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

1玉5000円のパイナップル 離島のマイナスをプラスに(この記事です)
会場を「祝祭空間」に バスケ人気、沖縄を席巻
「人」と出会える地域特産品ショップ
農村で本気のフレンチ、年3万人が訪れるレストラン
ロケ地巡礼、地域を活性化―販売力を高める事業構想

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する