販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

地元醸造長や顧客と共創!「47都道府県の一番搾り」

キリンビール

img01

「47都道府県の一番搾り」キャンペーンのメインビジュアル。

キリンビールは「一番搾り」ブランドの強化を目的に、47都道府県ごとの味を楽しめる「47都道府県の一番搾り」を地域限定で5月頃より順次発売する。

これは2015年に「地元の誇りを共有する」取り組みとして、各工場の醸造家が土地の風土や郷土の味覚に合わせて作った「9工場限定の一番搾り」が、予定の2倍を売り上げた結果を受けてのものでもある。

「47都道府県の一番搾り」は地域に密着した商品として、47品種を開発。その工程では、全国の工場醸造長と支社長が、地域の食・文化などに精通した顧客(総勢約400名)と、商品コンセプトや楽しみ方を共創した。

結果として、それぞれの商品には各地域の醸造長や支社長、顧客のこだわりが感じられ、各商品に明確なコンセプトが設けられている。例えば、同シリーズの「一番搾り大阪づくり」のコンセプトは「ぶっちぎり、うまくておもろい、一番搾り」といった具合だ。

2016年の年始には、「一番搾り」のイメージキャラクター「嵐」を起用した各都道府県別の47種類新聞広告を展開。「どこまでもまっすぐに、どこまでもピュア。それが岩手。」といったキャッチフレーズで各地域を応援しつつ、地元の一番搾りが発売されることを告知した。

実施場所 日本全国
実施期間 2016年5月~
目的 最も身近でおいしいと思ってもらえるビールをつくる
ターゲット 地元に誇りをもち、地元の友人・コミュニティを大事にしている人
告知メディア テレビCM、ウェブ広告、交通広告ほか

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する