販売促進の専門メディア

究めていくから面白い私のシゴトモチベーション

「カップヌードル」プロモーション担当者の原動力

日清食品

「やっぱりこの仕事は面白い」。あなたが、やりがい感じるのはどんな瞬間でしょう。プロモーション領域で活躍する人のチャレンジや仕事の醍醐味を紹介します。

img01

日清食品 マーケティング部 ブランドマネージャー 藤野 誠氏(ふじの・まこと)
1992年日清食品入社。日清食品チルド営業課で15年間従事した後、マーケティング部のプロダクトマネージャーとして商品開発を6年間担当。その後、日清食品へ異動しブランドマネージャーに。2014年よりカップヌードルのブランディングやプロモーションを担当。

2016年に発売45周年を迎えるカップヌードルは「100年ブランド」を目指し、若年層向けのコミュニケーションを強化している。その指揮を執るのがブランドマネージャーの藤野誠氏だ。「市場にカップ麺が登場した時のインパクトを知る世代とは違い、若い世代は生まれた時からカップ麺が店頭にたくさんある。いかにカップヌードルを選んでもらうかが課題です。15年4月、具材を増量してリニューアルしました」。リニューアルのキャッチフレーズは「具材充実」。それに合わせ、プロモーションも「充実した高校生活」をテーマに展開した。アイドルの橋本環奈さんを起用したCM「バカッコイイ篇」はYouTubeで200万回以上再生され話題に。商品パッケージでも具材のぎっしり感を伝え、売上を伸ばした。

「ネットで拡散するには面白さや楽しさといったフックが必要です。Yahoo!トピックスの見出しのように短い言葉で伝え、いかに見たいと思わせるか …

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する