販売促進の専門メディア

「買う」5秒前2

R2-D2を飼いたいワタシ

草場 滋

R2-D2のバーチャルキーボードは、女性たちに大人気。彼女たちは“買う”というより、“飼う”感覚かも。

イラスト:高田真弓

2015年12月18日に公開された10年ぶりの最新作、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が人気を博している。

今作はシリーズ第7弾。公開前から、米ウォルト・ディズニーによるルーカスフィルム買収後初のスター・ウォーズだったり、公開が一斉同時刻だったり、TOHOシネマズが料金を通常より200円高く設定したりと、話題性に事欠かなかった。公開初日も上映を待ちわびる、お馴染のファンたちのコスプレ姿が話題になった。

今作の位置づけは、83年公開の『ジェダイの復讐(その後「ジェダイの帰還」に改題)』の約30年後。注目は、旧3部作の主要キャストだった3人、ルーク役のマーク・ハミルとハン・ソロ役のハリソン・フォード、レイア姫のキャリー・フィッシャーも出演していること。劇中の経過年数と実際の経過年数がほぼ同じなので、歳を重ねた3人の姿に違和感はない。

さて、「スター・ウォーズ」といえば、本編もさることながら、ファンにとってはフィギュアなどの関連グッズも気になるところ。特に根強い人気を誇るのが、R2-D2である。今回も10年ぶりの新作とあって、様々なR2-D2グッズが登場している。

中でも注目が、家電メーカーのハイアールアジアが発売するR2-D2型の冷蔵庫である。もちろん、ライセンスを受けた公式商品。なんと実物大サイズで、おまけに自走までするそう。家の中を走り回る姿は、まるで本物のR2-D2を見ている錯覚を覚えるだろう。

もう少し手軽なところでは、同キャラクターのバーチャルキーボードがある。これ、R2-D2がレイア姫のホログラム映像を投影したことにヒントを得て ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

買う5秒前の記事一覧

買う5秒前の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する